プロフィール

坂井正治

■保有資格:全国カイロプラクティック協会認定士

1979年生まれ(富山県出身)

 

2002年3月 大阪経済大学卒

2004年3月 山城カイロプラクティック学院卒

2004年4月 奈良県のマッサージ店に3年間勤務

      1年間店長としてスタッフの育成・指導にあたる

 

2007年3月 独立開業 屋号:『出張専門ほぐしや一休』 

2015年8月 『出張専門さかい整体』に屋号変更

2017年4月 『慢性腰痛・強い肩こり専門 さかい整体』開院

 

 

■特技:ハンドボール(バスケットボールも少し)

4245742418_eb35ac9824_z.jpg

【高校時】

・インターハイ出場 

・全国選抜大会出場

・国民体育大会出場

 

【大学時】

・4年連続インターカレッジ出場 

・ 関西学生ハンドボールリーグ優勝(得点ランキング7位・4回生時)

 http://kansai-handball.sakura.ne.jp/kakosiaikekka/hyou2001-a-men.htm

・西日本インカレ準優勝(4回生時)

 http://www.asahi-net.or.jp/~zb3m-knk/2001west.htm

 

 

【自己紹介】

走る・飛ぶ・投げる・ぶつかる!、が魅力のハンドボールを

中学から大学まで本気で10年間続けてきました。

勉強そっちのけで、スポーツばかりやってきた私は、

将来の仕事も身体を使った職人的な仕事がしたいと思い、

大学卒業後、すぐにカイロプラクティック専門学校に入学することになりました。

 6057506460_6f37e51db8_z.jpg

 

朝昼は大手クイックマッサージ店でアルバイトをしながら、

夕方からは2年間に渡り専門学校で、

学業と手技の練習に明け暮れる多忙な毎日でした。

 

 

インターン研修生時にカイロプラクティックの矯正前に行う、

筋肉の施術(ほぐし)を行っていた患者様から、

 

すごく楽になったからもう矯正はいいです、またこの施術だけ受けに

来てもいいですか?

 

と言われたこともあり、カイロプラクティックよりも安全で

需要も多く、なおかつ効果も高い筋肉の施術に関心が高まってきました。

 

 

卒業後はカイロプラクティックの道には進まず、

アルバイト先で知り合った先輩達の開業に運よく誘われ、

筋肉のほぐし専門店を立ち上げから関わることになりました。

 

 

肩こりや腰痛はどうほぐしたら楽になるのか?

どの筋肉が凝りやすいのか、

どの角度で、どうほぐしたら効果的なのかを、

細かく話し合いスキルアップしていきました。

この時に得た経験が今の私の基礎になっていると思います。

 

 

1年も経たないうちに、このお店は繁盛店となり、

忙しさのあまり鼻血を流すスタッフもいるほどでした(笑)

約3年間勤めさせていただき、遂に独立開業することになりました。

 

 

【独立開業】

金なし、コネなし、人脈なし、たった一人での開業でした。

店舗は構えられず、まったく経験のない出張型でのスタートとなりました。

開業当初は必死のパッチ(謎の関西弁)でチラシを配り、

3ヶ月やってダメなら諦めようと考えていました。

 

 

しかし、いざやってみると今では考えられないほど

チラシの反響があり、経営はすぐに安定しました。

 

 

【ターニングポイント】

筋肉をほぐすのは得意で簡単になってきたのですが、

どうもおかしいと気づきはじめてきました。

それは2,3日しか楽な状態が保てない方がいらっしゃることです。

 

 

自分の施術にだんだん疑問を感じ始めたことが1つ。

もう1つはあ〜気持ちよかった!と言われるよりも、

痛くない、よくなった、治った!と言われることの方が、

やりがいを感じ始めたことでした。

 

 

そして一番のターニングポイントは、

妻の腰椎椎間板ヘルニアの発症でした。

残念なことに、今まで自分のやってきた施術では、

妻のヘルニア対して、まったく治せない悔しい現実でした。

後になって、技術不足よりも知識不足が原因で治せないとわかりましたが・・・。

 

 

これらのことが重なって

私は、ほぐし屋から治療家になる決意をしました。

結果的にカイロプラクティックを学んだことが無駄ではなく、

点と点が回り道をして繋がった経験でした。

 

 

今では、筋肉に対する施術で良い結果が出ないときに、

カイロプラクティックを使うというように、

いわゆる“治療の武器”の1つとして役立つポジションにあります。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

親しい友と立山登山

親しい友と立山登山(左から2番目です)